ホーム > 売却理由
売却理由

ローンや収益等に関する事項

ローンを組んでいる金融機関がノンバンクだ。

家賃収入より、多くローン返済している。

毎月のローン返済額が5万円以上だ。

借りているローンの金利が3%以上だ。

ローン残金がいくらか、正確に把握していない。

購入価格から計算して、現在の利回りは5%未満だ。

節税効果よりも毎年のローン持ち出し額のほうが多い。

何年後に収益がプラスになるか、計算できていない。

完済時のローンの総支払い額が把握していない。

ローンや収益

物件に関する事項

風呂とトイレが一緒になっている。

築5年以内だが購入後、近くに新築物件が建った。

最寄駅から歩いて5分以上かかる。

購入時より、家賃が下落し続けている。

築20年以上だが、給湯器・水回り・ユニットバスの交換はしていない。

物件

家賃や管理運営に関する事項

敷金・礼金が10万円以下か、全く取れていない。

ワンルームだがリフォーム代に20万円以上かかったことがある。

管理費・修繕積立金が値上がりし続けている。

空室が6カ月以上続いたことがある。

賃借人が1年未満で、退去したことがある。

家賃を滞納されたことがある、または、現在も滞納中だ。

管理会社や分譲会社が倒産し、連絡がつかない。

賃料引下げや、客付け手数料の引き上げを度々、要求されている。

賃貸管理費を家賃の5%以上、支払っている。

管理会社に不満、不安がある。

家賃や管理運営

その他の事項

セカンドハウスにしているが、使用頻度が低い。

居住地から遠方の物件を所有している。

老後の年金の足しにするため、購入した。

生命保険代りに購入した。

家族に所有を反対されている。

最近、1年以内に物件を見に行っていない。

TOP↑